発育発達アソシエイト代表理事

楠本 敦子


保護者や先生へ向けた発育発達の研修や、学校や教室で、0歳〜大学生までの子ども、学生に、運動(身体面)や勉強(認知面)、こころ(情緒面)、キャリアマナー(社会面)の授業やセッション、カウンセリングに携わってきました。

その子ども達の中には、発達障害や学習障害、グレーゾーンと言われる子供達もいます。社会がつくった基準と比べられ続け、出来ていないところばかりを見つけられ、どう治すかに目を向けられ、持って生まれてきた可能性に蓋をされてしまっている場合は、いつも、「この子の成長に、この枠は必要なのだろうか?」と考えてしまいます。

出会った子ども達は、誰一人として、特性の強さ、発達のスピードが同じ子はいません。唯一共通しているのは、誰とも同じでなはい可能性をいっぱいに秘めたその子らしさを持って生まれてきているということです。

「持って生まれてきた特性を強めるか弱めるかは、環境次第」

就職を目の前にした時に、声がほとんど出ない、目の焦点があわない、真っ直ぐに立てない、大地を蹴って歩けない、自分の意見が言えないなどの学生もいます。話を聞くと、今まで、友達と一緒に楽しく体を動かして遊ぶ経験がなかったと言われることがほとんどです。学生の発達段階や特性をみながら、子ども達と同じように自然な発達にそって、一緒に必要なうごきで遊んでいくと、体や心がうごきはじめます。安心安全な人とのつながりの中で、体と心を動かす環境があれば、いつからでも必ずその子らしく成長していきます。

人の発達段階や特性を長期的・多面的に観る目を持つ発育発達トレーナー、子ども発育発達アソシエイトの育成に努め、その仲間とともに、地域や学校と連携をしながら、一人ひとり違う子ども達の発達を大切に育んでいけるよう、日々研鑽を積んで参ります。

【関連資格】

発育発達トレーナー

学習発達ティーチャー

キャリアマナーコーチ

 

 

 

a_kusumoto@hatsuiku-hattatsu.com